RSS

「一杯のカフェの力を信じますか?」のすすめ

一杯のカフェの力を信じますか?
苦楽(くるたの)しいカフェ開業物語

佐藤裕久 著

この本は、人生のどん底で「自分のカフェを開こう」と決意してから資金を集め、少ない予算で手作りのカフェを開き、お客さんが集まらなくて支払いが苦しい状態から熱意と努力で少しづつ道を切り開き、最後は大阪で最も有名と言われるカフェを開くまでの著者の実体験を元にしたノンフィクションです。

正直、「将来自分のカフェを開きたい」と思っている女性が読むと、絶望を感じてしまうかもしれません(^^;
ある程度予想はしていましたが、それくらい自分のお店を持つのは大変なことのようです。

しかし、この著者はカフェを開くのは「苦楽(くるたの)しい」と言っています。

取引先が倒産し、一人泣いていた著者をやさしく包み込んでくれたパリのカフェと温かいカプチーノを自分の手で再現したいという思いや、生まれついた時からの商売魂がそうさせたのかもしれませんが、連日の徹夜やトラブルを克服し、仲間達とそれを楽しんでいるように感じます。

この本からは、著者のとても熱い思いをひしひしと感じることができます。

自分が将来何をしたいか分からなくなったときや仕事の失敗などで気分が落ち込んだとき、この本を読むと勇気をもらえる気がします。
そういった意味で、何度も読み返したくなる一冊です。

◆評価(最高5つ星) 
著者の熱さ ★★★★★ 
ポジティブ度 ★★★★★ 
学べる度 ★★★★☆ 

 

一杯のカフェの力を信じますか? 苦楽しいカフェ開業物語

一杯のカフェの力を信じますか? 苦楽しいカフェ開業物語

続きを読む
コメントする
Category: おすすめ本

La Mancha [CG]

↑クリックすると拡大表示します

 

私が作った3DCG、第2段です。
スペインの「ラ・マンチャの風車」をモデルに、インテリアを作ってみました。

携帯からだと分かりにくいかもしれませんが、台にミニ芝生が植えられています。

・ぱっと見、実写に見えること
・東急ハンズで売ってたら、つい欲しくなってしまうようなインテリア
・価格は2,980円

というテーマで製作したのですが……伝わるでしょうか?(笑)

続きを読む
コメントする
Category: ギャラリー(CG その他)

イタリア旅行記 12(dodici)

●ここまでのあらすじ 

成田>Milano>Mantova>Venezia>Firenze 

 

◆6日目 ミケランジェロ広場

 

そういえば、Firenze はミケランジェロ広場が美しいとマルコ先生が言ってたなぁ。

旅行会社の方も、Firenze で1番美しいのはミケランジェロ広場だと言ってたし……

ここより美しいって、一体どんなところなんだろう?

早速、地図を頼りに歩き始めました。

Firenze 住宅地の街角で、おばあさんが雑誌屋さんに向かって「お〜い お〜い」と叫んでいますが、店員さんは出てきません。

しばらくしてもおじいさんも出てきて「お〜い お〜い」と叫びましたが、やはり店員さんはでてきません。

おじいさんは「まったくこいつはしょうがねぇな」みたいなことを言っていました。

イタリアでは、店員さんがいなくなるのは日常茶飯事なのでしょうか(^^;

続きを読む
コメントする
Category: イタリア

バカポジティブのすすめ

私は、普段専門的な本を読むことが多いのですが、今回紹介する本はどなたでも気軽に読める本です。

この本に書かれていることは、一言で言うと関根努さんの人生論なのですが、まったく堅苦しいところがなく、読んでいるととても前向きな気分になれる不思議な本です。

この本を読んで、良い意味で「関根さんは真っ向バカだな」と思いました。
まるで昔の日本人のような、まっすぐ一筋でポジティブな考え方をされながらずっと生きてきたんだなということが分かります。

今時、こういう考えをされている方って、結構珍しいのではないでしょうか。

機会があれば、ぜひ一度読んでみてください。
前向きな気分になれる、おすすめの一冊です。

 

評価(最高5つ星)

ポジティブ度 ★★★★★
適度なバカさ ★★★★★
家族思い度 ★★★★★

※一部下ネタあり

バカポジティブ (ヴィレッジブックス新書 6)

バカポジティブ (ヴィレッジブックス新書 6)

続きを読む
コメントする
Category: おすすめ本

南のシマー [CG]

南のシマー

↑クリックすると拡大表示します
これは、私が書いた絵……というか、私が作った3DCGです。

昨年末に買った「Vue 7 Infinite」というソフトで作りました。

Vue は、「インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国」や「パイレーツ・オブ・カリビアン」などの映画の背景製作にも使われている、景観作成ソフトです。

やっとこれくらいのものが作れるようになってきたのですが、私が作りたいファンタジーの世界を作れるようになるには、まだまだ時間がかかりそうです。

続きを読む
コメントする
Category: ギャラリー(CG その他)

イタリア旅行記 11(undici)

●ここまでのあらすじ 
成田>Milano>Mantova>Venezia>Firenze 

この日記は写真が多いため、PCからご覧頂く事をお勧めします。
アドレスは、PCも携帯も同じです。 


◆6日目 Firenzeブラ歩き

さて、折角だからと思い Firenze をぶらぶら歩いてみました。
Firenze の旧市街は家賃がとても高いとか、釘1本勝手に打てない(家も歴史ある文化財であるため)だとか聞いていましたが、確かにその風格はありますね……
とても歴史ある街並みに、 いかにも歴史ありそうな教会やお店が並んでいます。

川沿いをのんびり。

橋の上にお店が並んでいます。

続きを読む
コメントする
Category: イタリア

イタリア旅行記 10(dieci)

●ここまでのあらすじ
成田>Milano>Mantova>Venezia>Firenze

◆6日目 Hotel di Firenze

朝。
今日はちょっと早く、6:00に起きました。
窓を開けると、さわやかな風が……
Firenze の風は、適度に乾燥していて心地よいです。

さて、朝食を食べようと食堂に行ったら、 7:30 からということでまだ食べられなかったので部屋で写真整理をしていました。
7:40 に食堂へ行き、おいしい生ハムやコーンフレーク、ヨーグルトなどを食べた後、一息ついて 9:00 にホテルを出発しました。

続きを読む
コメントする
Category: イタリア

本日、Caffè Laguna をオープンしました。

Caffè Lagunaは、一言で言えばイタリア旅行記・おいしいイタリア料理の紹介や書評、私が製作したファンタジックな3DCGなどを載せるためのブログです。

単なる日記や雑多な情報が載っているブログではなく、上質な手作りの本のようなテイストを目指し、毎週更新していきたいと思っています。

(Caffè Lagunaについて、詳しくは About をご覧下さい。)

 

Caffè Laguna が、皆様にとって日常からちょっと離れた、素敵な時間を過せる場所になると幸いです。

どうぞこれからよろしくお願いします(*^o^*)

続きを読む
コメントする
Category: 日記

ベネツィア料理店 Superbacco

 

 

先日、同じイタリア語教室に通っている方が働いているベネツィア料理店に行ってきました(ベネツィアはイタリアの都市の1つ)。 

お店は、JR吉祥寺駅 南口の地下にある「Superbacco(スーペルバッコ)」というお店です。 
Baccoというのはギリシア神話の酒の神様の名前らしいです。 

続きを読む
コメントする
Category: おいしいお店, イタリア

イタリア旅行記 9(nove)

●ここまでのあらすじ 
成田>Milano>Mantova>Venezia>Firenze 

◆5日目 掃除 

Firenze の Santa Maria Novella 駅を出ると、そこはホテル街でした。 
私が泊まる予定のホテルもこの中にあるはずなのですが、これだけホテルだらけだと探すのが難しい…… 

 

しばらくして、私が泊まるホテル発見。 
ホテルの前で、たばこを吸いながら携帯メールを打ってる女性がいました。 
お客さんかな?と思い、そのままホテルに入ろうとすると、「Buona sera.(こんばんは)」と声をかけられました。 
その女性は、そのままホテルのフロントへ…… 

えっ!? 従業員だったの? 
大丈夫かな、このホテル……冷や汗 

続きを読む
コメントする
Category: イタリア