RSS

イタリア旅行記 12(dodici)

●ここまでのあらすじ 

成田>Milano>Mantova>Venezia>Firenze 

 

◆6日目 ミケランジェロ広場

 

そういえば、Firenze はミケランジェロ広場が美しいとマルコ先生が言ってたなぁ。

旅行会社の方も、Firenze で1番美しいのはミケランジェロ広場だと言ってたし……

ここより美しいって、一体どんなところなんだろう?

早速、地図を頼りに歩き始めました。

Firenze 住宅地の街角で、おばあさんが雑誌屋さんに向かって「お〜い お〜い」と叫んでいますが、店員さんは出てきません。

しばらくしてもおじいさんも出てきて「お〜い お〜い」と叫びましたが、やはり店員さんはでてきません。

おじいさんは「まったくこいつはしょうがねぇな」みたいなことを言っていました。

イタリアでは、店員さんがいなくなるのは日常茶飯事なのでしょうか(^^;

あれ?和風の照明が……

ねこ。

 

しばらく歩いていると、「Firenze ここまで」みたいな看板が(^^;

近くのガソリンスタンドのおじいさんに

「Come si dice, dove Michelangelo Piazza?(ミケランジェロ広場はどちらですか?)」

と聞いたところ、「ほぉ〜 歩いていく気かい?」とイタリア語で言われました。

ひょっとして、すごく遠いのかな……?

 

しばらく歩いていると、「↑ Michelangelo Piazzale」と書かれた看板発見。

あれ?イタリア語では、普通広場は Piazza なんだけど、ミケランジェロ広場は Piazzale なんだ。 何でだろう? と気になったのですが、とにかく看板の示す方向に歩きました。

ミケランジェロ広場のある丘(山?)のふもとにはなぜか竹が生えていて、さらに丘を登っているとかわいらしい住宅街がありました。

その後、歩いてもあるいてもミケランジェロ広場らしきものが見えなかったので、通りすがりの Signora(主婦っぽい女性)に聞いたところ、「あと1knよ」と言われました。

あとちょっとだ〜

 

しばらく歩いていると、右手に高い階段があり、その上がちょっとした広場のようになっている場所に着きました。

素晴らしい景色だ。
ここがミケランジェロ広場か〜

階段を上ると教会もあり、中はとても静かでした。

牧師達がミサでもやっているのか、奥の方からは静かな歌声が聞こえてきました。

教会の裏にはたくさんのお墓があり、観光客と思われる女性が静かに歩いていました。

 

しばらくゆっくりしたあと、広場(?)を降りて、バス停でバスを待っていたのですがなかなか来ません。

仕方なく、もうしばらく歩くことにしました。

 

しかし、さっきの広場にはミケランジェロ像が無かったな〜

ミケランジェロ広場なのになぜ?

ひょっとして……さっきのはミケランジェロ広場じゃなかったのかな?

 

とりあえずもうしばらく歩いたところ、ミケランジェロ像のある広場を発見しました(^^;

どうやら、ここが本物のミケランジェロ広場のようです。

観光客が沢山居て、黒人の方が露天などを出していました。

日本人のカップルもいて、通りすがりのイタリア人の方にカメラを渡して写真を撮影して貰っていいました。 不用心だな〜

マルコ先生は「ミケランジェロ広場に夕方に行くのは止めた方が良いよ。カップルばっかりで悲しくなっちゃうから」と言っていたが、ちょうど夕方に着いてしまいました(^^;

たぶんそうだろうと予想はしてましたが、ミケランジェロ広場から見下ろすフィレンツェは、この旅行で最高に美しかったです。

「絵に描いたような景色」とは、こういう景色のことをいうんだろうなぁ……

私が観たときは、雲の切れ間から光が射していて、ヤバいくらい美しかったです。

途中で山を降りなくて良かった〜

しかし、ここまで歩いてきたのは私くらいだろうな……

 

その後、広場から降りるためバスに乗ったのはいいのですが、どこで降りたらよいか分かりませんでした(^^;

だって、車内アナウンスが一切無いんだもん。

適当に見覚えのある場所で降りたら、ホテルからちょっと離れた場所でした。

ぶらぶら歩いていると、昨日とは違う Ristorante を発見。

軽く夕食を食べたら、32ユーロでした。

 

昨日よりは安いけど、それでも結構かかるなぁ……

駅の近くだからかな。

 

さて、明日はイタリア最後の日だ〜

存分に堪能するぞ!

(つづく)


Google Map でミケランジェロ広場をストリートビューで観れる事に気づきました。(PC用)
ミケランジェロ広場から Firenze をぐるぐる見渡せて楽しいですよ(*^o^*)


大きな地図で見る

Rg
Category: イタリア