RSS

イタリア旅行記2009 その6(ローマ編)

さて、折角 Roma に来たんだから、Vaticano(バチカン市国)にも行きたいな〜と思ってバチカン市国に向かっていたら、丸いお城が見えてきました。

サンタンジェロ城
サンタンジェロ城

どうやら、Castel Sant’Angelo(サンタンジェロ城)というお城のようです。
「お城は四角いもの」という先入観があったので、私にとってとても斬新でした。

そういえば、「天使と悪魔」という映画の舞台にもなった場所ですね。

とりあえず、バチカン市国より先にサンタンジェロ城に入ることにしました。
入場料を払い、まずは城壁に上ってみました。

ローマの橋
ローマの広場

ローマ市内がある程度見渡せます。
外で楽器を演奏している声が聞こえたり、話し込んでいる声が聞こえたり。

お城の一番上に上ろうと中心部に入ると、鎧や大砲など色々なものが展示されていました。
その中に宝箱を発見。

サンタンジェロ城の宝箱

宝箱は小さいものという先入観があったのですが、実際は結構大きいな……
これが人食い箱だったりしたらやだな。
逆に、大砲は小さすぎて少々びっくりしましたが。

ローマの景観

お城の上からは、Roma 市内がかなり遠くまで見渡せました。
リストランテもあったので、ここでゆっくり談笑しながら食事するのも良さそうですね。
街の風景をデッサンするのも良さそうです。

バチカン市国?

あ。あれがバチカン市国かな……?

お城から出て、バチカン市国に向かう途中でベンチがあったので休んでいると、公園整備のために働いていると思われる Signor 達が談笑していました。

しばらくして Signor のうち1人がフォークリフトに乗り、運転し始めたところに他の Signor が近寄り、運転手にビールを渡そうとしていました。

あ〜そうだよね。 仕事始めはビールで景気つけないと……
……っておい。

この時、私はローマ人のあまりのつっこみどころの多さに気づき始めたのでした……

(つづく)

Rg
Category: イタリア