RSS

350円で失神するほどうまいピッツァが食べたければここに行け

最近ロケットニュースの記事で「【イタリア人が失神するレベル】渋谷に激安350円ピザの店『ナポリス』がオープン! しかも一生ピザが無料になる権利もらえる(笑)」というのが話題になってて、絶対まずいだろうなーと思ってたら実際に行ってみたすしぱくさんのレビュー記事 25センチピザが350円〜食べられるナポリス渋谷に行って、他のお店(500円)と比較してきた試食レビュー を読むと焦げたピッツァが出てきたそうで。それはひどい。

そこで私がおすすめする「350円で失神するほどうまいピッツァを食べる方法」ですが、まずナポリへ行きましょう。イタリアのナポリです。
ナポリへは、ローマから電車で1時間半くらいで行けるはずですが、私が行った時は途中で電車がストを起こしたりして4時間近くかかりました。

Napoli Centrale(ナポリ中央駅)に着いたら外に出るとガルバルディ広場と呼ばれる広場があります。
そこの奥に、ピッツァの屋台があります。
1切れ350円ほどで失神するほどうまいピッツァが食べられます。


大きな地図で見る

私はパッケージツアーではなく自分でイタリアに行って自分で注文して食べたかったので、2年間渋谷のイタリア語教室 Il Centro に通ってからナポリに行ったので、2年間の語学学習費用+飛行機代+サーチャージ+ローマからの特急切符代+ホテル代とかかかりましたが、そういうのを全く計算に入れなければ350円でうまいピッツァが食べられました。

以上。

…といってもご納得いただけないかと思いますので、日本でうまいナポリピッツァを食べたければ、ずばり 真のナポリピッツァ認定店 に行きましょう。
真のナポリピッツァ認定店は、真のナポリピッツァ協会、つまりイタリア人が認定したお店ですので、製法もサイズも本物のナポリピッツァと同じです。

私は真のナポリピッツァ認定店に5店舗以上行ったことがありますが、どこもはずれはありませんでした。
1000円ちょっとで本物のナポリピッツァが食べられるのでおすすめです。

続きを読む
コメントする
Category: Caffè Laguna のおすすめ, おいしいお店

ナポリのバカ(イタリア旅行記2009 その17)

●ここまでのあらすじ
ナポリで、マイミクのイタリア人のマルちゃんとその妹さんと合流。
ナポリを案内してもらえる事に。


■4日目 ナポリ

ナポリのアーケード

ナポリピッツァを食べた後、近くを歩いていると、ナポリのアーケード街に着きました。
とても有名な建築らしく、マルちゃんは私を案内したかったようですが、残念ながらその日はお休みでした。

それにしても、イタリアのアーケードってどこの街も建築に力を入れてるんだなぁ……

続きを読む
コメントする
Category: イタリア

お城だらけの街(イタリア旅行記2009 その16)

●ここまでのあらすじ
ナポリで、マイミクのイタリア人のマルちゃんとその妹さんと合流。
ナポリを案内してもらえる事に。

■4日目 Castel dell’Ovo(卵城)

Castel dell'Ovo(卵城)

Castel dell'Ovo(卵城)

お城の周りの海辺では、サングラスに水着で日光浴をしている人々(たぶんナポリの人)が見えます。
遠くには泳いでいる人もいました。

続きを読む
コメントする
Category: イタリア

おいしいペペロンチーノの作り方☆

クックパッド(もばれぴ)というサイトにて、かなり気合の入ったペペロンチーノのレシピを発見。

Cpicon 具などもってのほか!ごまかし不要!これが本気のアーリオ・オーリオ・ペペロンチーノ!

★作り方
1. 気を引き締める。絶対うまいの食うぞ、と決意する。これが一番大事です。よし!という気持ちにならなきゃ作らない。

かなり気合い入ってますね[m:79]
材料も、にんにくと鷹の爪とオリーブオイルと塩のみ。
ベーコンやコンソメなど、余計な味付け一切なし。

普段、ペペロンチーノは学生時代に覚えた作り方で「何となく」作っていたので、今日は思い切って、このレシピ通りに作ってみる事にしました。
多少作り方を間違えて、いつも通りに作ってしまいましたが……なんとか完成。

ペペロンチーノ

いつもより、ちょっと味に深みが出た気がします。

このレシピでとても参考になったのは、1. の心構えの部分はもちろんですが、

・にんにくはスライスするのではなく、押し潰す
・パスタのゆで汁を乳化させる時は、フライパンを細かく前後に振る
・パスタとソースを混ぜる時、ツルツルからやや重い感触に変わったらうまく馴染んだサイン

というのはとも勉強になりました。
やっぱり、ペペロンチーノって奥が深いですね……
皆様もお試しあれ(^-^)/

続きを読む
コメントする
Category: イタリア

ナポリ観光の巻(イタリア旅行記2009 その15)

■4日目 ナポリ観光

この日は、マイミクのマルちゃん(イタリア人)と、11時に Duomo di Napoli(ナポリの大聖堂)で待ち合わせ。

とりあえず、ホテルの方に Duomo の場所を聞き、歩いていると Mercato(朝市)を発見。

ローマやフィレンツェの朝市はバッグや観光のお土産、食料品などが売られていましたが、ナポリの朝市では安い服や帽子など、アパレル関係の品物ばかりが並んでいました。

朝市はかなり混んでいてスリが心配だったのでそのまま通り抜け、Duomo へ向かいました。

ここは、途中で通った Spacca Napoli(ナポリの下町)。
洗濯物が特徴的な通りで、観光ガイドにもよく載ってるみたいですね。
こんな狭いところを、バスが通り抜けるのが恐ろしい……

続きを読む
コメントする
Category: イタリア

Bing Mapsでお手軽☆卓上旅行

こんばんは♪ 最近卓上旅行の魅力に取り付かれつつあるなつきです。
今まで、卓上旅行といったら「Google マップ」だったのですが、最近マイクロソフトが「Google マップ」に対抗して出してきた「Bing Maps Explorer」が凄い!

例えば、都内を表示するとこんな感じになります。

都内の風景

たぶん、勝どき橋のあたりだと思うのですが……凄くないですか?
こんな写真がぐりぐり動かせます。
角度も4方向ですが変える事が出来ます。

Google マップと違い、斜め上から見ているので街の風景が分かりやすいし、結構細かいところまで見れます。

これは、卓上イタリア旅行に良さそうだなぁと思い、色々見てみました。

続きを読む
コメントする
Category: 日記

夜のナポリが想像以上に凄い件について(イタリア旅行記2009 その14)

●ここまでのあらすじ
飛行機でローマ着>ローマ市内を散策>列車でナポリへ>夕方に着くはずが、ストで夜中にずれ込む


■3日目 夜のナポリ

Cavour駅から降りた私の前には、カップルがバイクに2人乗りをしながら大声を上げつつ歩道の上を走り、紙くずが宙を舞う光景が広がっていました。

道いっぱいに紙くずなどが散らばり、遠くには人間の身長と同じくらいのゴミが積まれています。
ナポリのゴミ問題ってこういうこと……?

続きを読む
コメントする
Category: イタリア

Vedi Napoli e poi muori!(イタリア旅行記2009 その13)

■3日目 Stazione di Napoli Centrale(ナポリ中央駅 )

さて、ここからは気を引き締めていかないといけません。
ナポリは治安が悪いと聞きますが、私が聞いたことのある話だと、例えば

・最近の日本人向けパッケージツアーでは、ナポリでは一切観光客をバスの外に降ろさず、バスに乗ったまま観光する(らしい)
・とにかくスリが多い。 バッグに貴重品を入れて持ち運んでいると、ナイフでバッグを切られて貴重品を盗まれることがある

などなど……
じゃあなぜわざわざナポリへ来たかというと、マイミクの「マルちゃん」というイタリア人の方に会うため。

マルちゃんは Webデザイナーで、日本に住みたいと普段から言っている方なのですが、どんな方なのか一度会ってみようと思ったのです。

続きを読む
コメントする
Category: イタリア

はじめてのナポリとストとマンマ(イタリア旅行記2009 その12)

■3日目 ナポリへの列車

バッグ預かり所

夕方5時に、Termini駅の Deposito Bagagli(荷物預け所)で荷物を引き取り、すぐにナポリ行きのIC(インターシティ。快速列車のようなもの)に乗ることにしました。

今出発すれば、まだ明るい時間(8時頃)にナポリに着けるはずです。

ナポリは治安が悪い事で有名なので、なるべく明るいうちに着きたい……

しかし、列車は定刻の30分遅れでした。 まあイタリアでは普通ですが。

続きを読む
コメントする
Category: イタリア

ブログのデザインは文化

今年5月に構想を練り、5ヶ月もかかってようやくイタリア旅行記ブログのデザインをリニューアルしました。
ブログのデザインを自分で作るのって、なかなか大変ですね。

以前はとても地味なデザインだったので、「もっとイタリア旅行記にふさわしいデザインにしよう」と思い、フリーの写真素材を合成してちまちま作りました。

自分では、ブログの内容にぴったり合ったデザインだと思うのですが、いかがでしょうか?
PCからアクセスしてご覧いただけると幸いです。

※推奨環境
ブラウザ(ホームページ閲覧ソフト)は、なるべく

・Firefox 3.5以降
・Safari 4.0以降
・Google Chrome 3.0以降

のいずれかでご覧ください。
Internet Explorer 7以降でもご覧いただけますが、写真の影などが美しく見えません。
Internet Explorer 6ではFirefoxへの乗り換えを薦められますので、画面の指示に従いFirefoxをインストールしてご覧ください。

なお、今回携帯版のデザインは変わっていませんのでご注意ください。

続きを読む
コメントする
Category: Webデザイン